根府川ライフ


根府川付近の史跡(1)

9/23 5連休最終日に根府川ミカン畑にいきました。(RWさんの地元歴史シリーズの示唆に直ぐ乗って付近を散策)

根府川は小田原の6km程手前で、天正8年(1590年)に秀吉の小田原城攻めの「石垣山一夜城」は中間にあり、小田原も望めます。秀吉が、千利休に命じて大野五郎兵衛屋敷に茶室を造らせ茶会を開いた「天正庵跡」が残る。今も表札は大野さん。

少し熱海よりに「相翁の松」がある。ここは、明治19年に東大生3人が峠越えの途中に海を見ながら「功成せばここに集まろう」と約束した場所。市長、教授、社長になり、立身出世の手本として教科書にも載ったバカバカしい見本です。

(左)秀吉の小田原城攻め「天正庵跡」 (右)立身出世の鏡「相翁の松」碑
 

道端の石碑(墓?)の3猿の姿が素朴・人間的で一番面白いものでした。

(左)(中)「見ざる聞かざる言わざる」碑 (右)人車鉄道・江之浦駅跡(歩道埋込み)


2日前に草取りをしたのでやる事もないが、畑の土を篩ったり、近くを散歩してゆったりと時間を過ごしました。
兼好法師が言うように、余裕なくあくせく働くより、ゆったりと無為の時間を過ごすのが人間的かなと海を見ながら思った次第です。
「世俗のことに携はりて生涯暮らすは、下愚の人なり(徒然草151段)」

家内に話すと、「出世できない者の戯言だ。死ぬまで働くべし!」とバッサリ。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-09-24 06:50 | 根府川とミカン | Comments(6)
Commented by 食山人 at 2009-09-24 11:23 x
世俗のことに携わり放しの自分を顧みて心に沁みました。奥様の言葉にも成程と頷き、ふらふらと主体性なく生きている自分。ま、これもひとつの自然体と割り切りますか?
Commented by rollingwest at 2009-09-25 05:50
3猿(見ざる・言わざる・聞かざる)懐かしいですね。イヤなものには3猿の如く対応したいものの、なかなかそうもいきませんねえ・・(笑)
Commented by masaok15 at 2009-09-25 10:20
私の場合、既にリタイアしてから8年になりますが、「死ぬまで働くべし」という奥さまのお言葉は少々厳しいですね。
徒然草の「世俗のことに携はりて生涯暮らすは下愚の人なり」は分かるような気もしますが、一方で世俗から離れて暮らすというのも難しいでことすし、また、かえって面白くないようにも思われます。
・・・仕事が趣味という人もいるので一生働くのもまた良しでしょうが、いずれにせよ、人生は一度きりですから、もし自分のやりたいことがある人は、死ぬ直前になって後悔することがないように、元気なうちにやっておくべきでしょう。
Commented by wasitaka at 2009-09-26 06:13
私の畑仕事の周辺では、こんなに格調の高いところはありません。
せいぜい利根川の氾濫の傷跡巡りでしょうか。
なお奥様のお言葉は同じ名字のものとして、ずっしりと受け止めております。
Commented by akiotakahashi at 2009-09-26 14:21
食山人さま:仰るとおり世俗から離れられないものですね。
RWさま:根府川の3猿の素朴さは一見の価値があります。
masaoさま:小生も自分のペースで悠々遊々と暮らすのが理想と思っています。
washitakaさま:正に懺悔の世界ですね。
Commented by lovemyhair at 2013-02-21 23:40 x

<a href="http://lovemyhair.ru/krem-dlya-volos/#a56h">Домашние средства</a>

<< 根府川ミカンの色づき      根府川の「人力鉄道」(小田原―熱海) >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30