根府川ライフ


山仲間OG氏100名山達成「雨飾山(1963m)」記念登山

8/27-29 OG氏の100名山達成記念登山「雨飾山(1963m)」に山仲間10人と参加しました。
週日を使い、前後に温泉宿泊を組み込んだリタイア組参加の多い優雅な山行きです。

<第1日目、8/27>
大糸線南小谷駅16:00集合なので、インタネットで新宿―松本の高速バス(¥2000)を探して11:30には松本到着。駅ビルでビールセット(生大、味噌田楽、串カツ、枝豆で¥1100は格安)で時間調整して、大糸線に乗り込んだ。
車窓の景色は、北アルプスが連なりローカル電車も中々楽しいものです。

小谷温泉の宿は戦国時代から続く「山田旅館」で、明治26年のドイツ霊泉博覧会に日本代表*として出泉した由緒ある名湯の宿です。 (*別府、登別、草津とともに出品)
入浴後、豪華夕食とビール、日本酒で前夜祭としてお祝いした。

(左)「山田旅館」 (右)祝賀前夜祭


<第2日目、8/28>
何時もは軟弱な行程の山の会ですが、珍しく5:00薄暗い中を出発した。沢沿い、樹林帯を過ぎ稜線に出て山頂に至るが全て急登。登山道の草花はススキ、桔梗、アザミなど既に秋声。

雨飾山はFT山の会に加わり9年前の秋に登った良い印象の山でしたが、体力の衰えは隠せずへばりながら11:00登頂できました。山頂は穏やかで、白馬、鹿島槍、妙高などが眺望でき満足。

名古屋、川崎からもKY氏を含む山仲間4人が合流してOG氏100名山達成記念登山の式典、記念写真、ワインの祝杯でお祝いしました。苦節45年での達成は忍耐強いOG氏の性格の賜物です。



(左)雨飾山遠望 (中)南峰石仏と白馬岳遠望 (右)登頂記念(後ろは北峰)


下山も急斜面の続く難コースで、これもへばりながら雨飾温泉山荘(900m)に16:00到着。
雨飾温泉山荘*は明治13年開業の由緒ある秘湯で、露天風呂、内温も適度な温度、Ph6.3滑らかさの良き温泉です(*日本秘湯を守る会の宿)

(左)雨飾山荘  (右)物忘れの湯(ホントは都忘れの湯)


記念祝賀会では、山荘の主人が墨書きの「達成記念認定書」と「100名山のれん」を贈ってくれてOG氏も感激。賑やかなパーティーになりました。

(左)100名山達成記念認定書 (右)祝賀会


秋の草花


<第3日目、8/29>
朝は同宿の4人は登山をあきらめる程の大雨で、運の良さに一同ニンマリ。9:00 タクシーで糸魚川駅に向かい解散しました。

糸魚川地区はフォッサマグナ(糸魚川-静岡断層線)*で有名で、探究心旺盛な小生は途中の根知で別れ、フォッサマグナパークに立ち寄りました。広いジオパークで、太古の地殻変動、海底火山の証しが遊歩道沿いに見られ興味をそそるものでした。
ここがユーラシアプレートと北アメリカプレートの地盤境界かと感慨深い。但し、面白くも無いので、すれ違った見物客はゼロ。

(左)有名なフォッサマグナ断層(1400万年前)  (右)枕状溶岩(海底火山の証拠)

(*糸魚川地区は、洞爺湖有珠山、島原普賢岳と共に、ユネスコ国際ジオパーク会議で日本ジオパーク1号として認定を受けた。)

驚いたことに南小谷以北の大糸線は2~4時間に1本の運行で、運良く25分待つだけで電車が来てくれ(車内でOG氏に遭遇)、松本経由で19:00帰宅できました。

ビデオを含む写真は「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-08-29 22:06 | | Comments(6)
Commented by rollingwest at 2009-08-30 12:47
やはりもう公開UPされておりましたか!?いつもながら早いですね。
今回、アキタカ様は体調不良で厳しい山行でしたが、その後回復しましたでしょうか?
それにしても食山人様にとっては素晴らしいメモリアルになってよかったですね。
(昼も夜も・・・、山も宿も温泉も・・)
このような名峰と温泉宿で皆さんからお祝いしてもらえることに憧れを感じます。
糸魚川フォッサマグナミュージアムは今度帰省したときに見に行ってみようと思います。
Commented by akiotakahashi at 2009-08-30 18:45
RWさま;100名山達成に立会え、楽しきパーティーで思いで深き登山でした。御世話になりました。
糸魚川フォッサマグナミュージアムも面白そうで、最近は新潟方面も行動地域に入ったので行きたいです。
Commented by masaok15 at 2009-08-31 13:08
雨飾山ではどうもお疲れさまでした。まずまずの好天気だったので良かったものの、山頂で1時間近くもお待たせしたようで申し訳ありませんでした。最も今回の主役のOYGさんとは、山頂で11時半~12時半の間に合流するという約束だったので、貴兄らがやや早過ぎたのですが・・・。
我々のグループは、翌日、妙高山に登る予定でしたが、残念ながら朝から強い雨が降っていたので取り止めました。いずれどこかの山にぜひご一緒しましょう。
Commented by akiotakahashi at 2009-08-31 23:52
masaoさま;8/28の雨は山のプロは無理はしないで妙高登山を止めるだろうと思っていました。何時もの活動的な姿には敬服しています。
Commented by alkinist at 2009-09-02 11:31
体調のほう如何ですか?帰りの大糸線で偶然、再会。お蔭さまで4時間近くの移動時間、意義ある反省会ができました。ありがとうございました。
Commented by akiotakahashi at 2009-09-03 04:11
alkinistさま;100名山達成お目でとうございました。めでたい稀有な機会に同行できて良き登山でした。遭遇した帰りの電車でご馳走になり申しわけありません。大糸線の車窓の景色は気に入りました。

<< ミカンの摘果と落としたミカンの使い道      中目黒「へぎ蕎麦の店・匠」の集まり >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30