根府川ライフ


北アルプス・餓鬼岳の登山

7/24-26 FT山の会ツアーで北アルプスの名峰・餓鬼岳(2647m)登山をしました。
ハードな山行きで恐れられるFT山の会での梅雨残りの天候なので、イマイチの気分で22:30赤羽駅から仲間9人、マイクロバスで出発しました。

<第1、2日目>
曇天の中、5:30 白沢登山口を出発し、渓流沿いを1.5時間ほど登った後に本格登山です。花崗岩の地盤で大きな岩場の登り降りを繰り返し、急斜面を登りながら、13:30に餓鬼小屋(2600m)にへばりながらたどり着いた(7.5時間歩行)。

(左)餓鬼岳と山小屋 (中)山小屋の夕食 (右)山小屋の朝


大雨で登頂は断念し、薪ストーブの前でビールを飲みながら昼寝。17:00からの夕食は山菜炊き込みご飯、おでん、グレープフルーツの豪華メニューでした。やる事もないので、早く寝て深夜から眠れないのではと心配しながらも18:00には布団に入った。

<第3日目>頂上のコマクサ(右)
心配をよそに熟睡して4:30に仲間に起こされた。曇りではあったが、5:00に餓鬼岳に向かい10分程度で山頂に至り、周囲の山容を眺めることが出来ました。頂上直下の高山植物の女王”コマクサ”の群生に感激。
 

下山は、巨大な岩石が続く尾根伝いに2時間ほど岩場を登りながら、水嵩の増えた渓流を何回も渡りながら、13:00に中房温泉(1460m)にたどり着いた(6.5時間歩行)。
中房温泉はPH8.9アルカリ性の透明な名湯で、餓鬼岳を望む露天風呂で疲れを流すことが出来ました。

(左)岩場登り (中)渓流渡り (右)中房温泉露天風呂


7月末でのこの程度の天候は暑くもなく快適で、山仲間のプロも北アルプスではきつい山だと評価した餓鬼岳に何とかついて行けて満足出来ました。

また、登山道には高山植物が多く咲き眼を癒してくれました。

出会った花をランダムに;




ビデオを含む写真は「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-07-27 04:20 | | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2009-07-27 05:59
お疲れ様でした!雨には悩まされましたが、頂上や奇岩稜線でのパノラマ歩きの時はラッキーにも晴れ間に恵まれて本当によかったですね!
しかし餓鬼岳はハードな山で登り応えがありました。まだ足が痛いです。
それにしても帰宅後、数時間で記事をUPしているとは、驚くべき早業ですね。こちらの記事公開UPは8月お盆近くになると思います。(笑)
Commented by akiotakahashi at 2009-07-27 06:05
RWさま;お世話になりました。プロがハードだといわれる山に、何とか着いていけて嬉しかったです。9月を楽しみにしています。
Commented by alkinist at 2009-07-27 08:14
昨年秋に燕岳から餓鬼岳へ縦走し白沢に下山しましたが雨の中、下山路の桟道は滑りやすく難儀した覚えがあります。あいにくのお天気だったようですが登れただけ良かったですね。当方は毎月5回ペースでの登山が7月は何とゼロ回!欲求不満で暴発寸前です。
Commented by akiotakahashi at 2009-07-27 22:32
alkinistさま;当初は燕岳にも登頂予定でしたが、余りの行程の厳しさにGive upしました。仰る通り桟道、木の根、岩場、粘土が滑りやすく苦労しました。欲求不満は夜の街で発散を・・

<< 巨大ミニトマト      「難民を助ける会」のチャリティ... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31