根府川ライフ


根府川・春の樹木

東京で桜開花宣言された3/21、草刈に根府川ミカン園に行きました。
4週間も遠ざかっており草は伸び放題、草抜きを終日しました。

駅からミカン園まで1.5kmの道のりには根府川の花「おかめ桜」(終わり近い)、満開の桜など春一杯で木の花を写真に撮りながらゆっくり歩きました。

(左)根府川駅からミカン園を遠望 (中)おかめ桜 (右)満開の桜もある(種不明)

花樹をランダムに;
左から: 桜、 木蓮、 レンギョウ、 サンシュユ

左から: 三叉、 桃、 アケビ、 馬酔木

左から: 柊南天、 沈丁花、 カリン、 雪柳 

左から: 花桃、つつじ、 利休梅 、 白木蓮か辛夷


道ばたの菜の花、つくしを採り、帰って菜の花を賞味しました。少し苦味があり絶品です。天気もよく快適だったので家内も機嫌良く、珍しく直ぐに調理してくれました。久し振りに感謝!

左から: 菜の花(味噌おひたし) 、 つくしの群生、 つくし(玉子との煮付け)

[PR]
by akiotakahashi | 2009-03-21 22:23 | 根府川とミカン | Comments(5)
Commented by rollingwest at 2009-03-22 06:35
東京の開花宣言も全国的には早いですが、根府川はもう完全に春爛漫ですね。
この週末で菜の花を食べましたが、早くタラノメの天ぷらが食いたい~!
Commented by akiotakahashi at 2009-03-22 07:41
RWさま; 食用山野草の探索、採取、調理、食い山歩きも面白そうですね。料理名人の食山人さんの出番でしょうか!
Commented by masaok15 at 2009-03-23 10:55
植物図鑑風の編集をした春の花の写真はなかなかいいですね。また、これからは山菜の季節・・・八ケ岳山麓の蓼科では、4~6月にかけて、次第に高度を上げながらいろいろな種類の山菜が採れます。
最近はスーパーでも、菜の花などは勿論、タラの芽やフキノトウなども売っていますが、やはり自然に生えた山菜をタダで採って来て、取れたての新鮮なうちに食べるのが一番です。ワラビはアクを抜きながら茹でて、タラの芽は天ぷらで、フキノトウはフキ味噌にするが好きですが、いずれも苦味をある程度残すように手加減するのがコツです。
Commented by alkinist at 2009-03-23 15:53
コメント遅くなりました。料理名人こと食山人です。菜の花、土筆の味も格別ですが何より奥様が機嫌いいということが素晴らしい!私の料理に何か欠けている物があるとすれば、それは愛 でしょうか?
Commented by rollingwest at 2009-03-24 20:20
食山人様、直江兼続の「愛」兜を被りながら、手料理されては・・・?
愛が舞い戻って来ますぞ!(笑)


<< 「ホウボウ」の焼き物      同期21会 (3月のお誕生日会) >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30