根府川ライフ


根府川での送別昼食会

2/7 山仲間、ミカン仲間、先輩のKMさんの送別昼食会がありました。

昨年秋よりお母上の孝行、介護のために岡山に行かれていたKMさんが、今年一杯は山、ミカンを休止し岡山で集中するとのことで、ミカン仲間に挨拶にこられました。最近、親の介護に親元に行かれ、また戻ってきた先輩・友人が多く、小生を除いて周りは親孝行の優しい人格者ばかりです。
昼食時に、AK婦人などが準備されたおでん、生桜えび、イカの薄塩辛、小豆島の豆醤油漬けを中心に11人で楽しみました。

全ミカン園の収穫は全て終わり、2-3月はミカンの花芽分化期で整枝剪定の時期です。大胆な剪定が原則ですが、折角ミカンが生るのに切るに忍びなく作業は直ぐ終わり、海を眺めて過ごしました。暫らくKMさんのミカンと畑を預かることになったので、今年の草抜き、剪定、摘果など力を入れる予定。
立春も過ぎ、根府川駅からミカン園までの坂道も梅花開き、春の近いのを実感しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-02-07 20:57 | 根府川とミカン | Comments(7)
Commented by wasitaka at 2009-02-08 03:31
親の介護の問題は我々の世代では避けて通れないことで、同じ年代の人が集まると、ついついそんな話題になってしまいます。
しかしKMさんは大変ですが、本当に親孝行ですね。
Commented by rollingwest at 2009-02-08 06:28
KMさんは百名山への挑戦・ミカン山の一時中断が忸怩たる思いかとお察しいたしますが、親孝行に頭が下がります。
昨日は暖かくて本当にいい日でしたね。陽光あふれる梅花を見て、春も確実に近づいていることを感じます。
Commented by masaok15 at 2009-02-08 09:27
KMさんをはじめ、他にも沢山のミカン園仲間の方達がおられたのですね。ミカンの木の剪定や摘果などを上手くやられて、来シーズンはぜひ立派なミカンを沢山収穫してください。
Commented by akiotakahashi at 2009-02-09 07:22
washitakaさま、RWさま、マサオさま
親介護については家庭の事情もありますが、実家に帰り献身するのはなかなか出来ないことです。山も趣味も併せて出来る社会創りはどうすれば良いか深刻な課題です。
Commented by alkinist at 2009-02-09 08:49
認知症の母を施設に預けています。盆と正月、見舞いに行きますが、もちろん母は私が誰かを認識することもありません。施設のスタッフの方々の大変なご苦労を日誌などで読み、感謝の気持ちを伝える一方で寂しい思いを新たにしてきています。KMさんの親孝行に敬意を表します。
Commented by k-koyama21 at 2009-02-27 13:00
akioさん&皆様  ご無沙汰しております。akioさん、根府川の昼食会から早くも3週間になりますね。その節はありがとうございました。このごろはブログへのアプローチも億劫になるほど介護に没頭しているかのようですが、単に不精になっているだけです。皆さんと違うのは、晴れの日に山に登らず、畑仕事、果樹、庭木の剪定等で時間をつぶしているところですが、何時かまた山に復帰できるよう体力維持に気を使っています。
Commented by akiotakahashi at 2009-02-27 22:23
koyama21さま ペースを取り戻し、Blog再開を楽しみにしています。100名山達成には歳の衰えを上回る体力維持が必須です。夏合宿を楽しみにしています。

<< 妙心寺展、福沢諭吉展、平山郁夫...      豚のスモーク(熱燻)作り >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30