根府川ライフ


横浜地区同期会 “mini43会at桜木町”

3/29 横浜の同期会“mini43会at桜木町”に5人が集まりました。

偶数月12日に集まるが、KMが3月でクビになるので、早めて慰労会をした。

(本当は、現役がいるとJ社クラブで3割引きになるので、最後の奉公)

J社本体で異例に長く勤めたのは、KMの技術力と、人格の賜物です。

気持ち良く飲んだので、何を話したか記憶にないのも、良き仲間だからだ。

SYが、初めて東横線で座席を譲られ、老人に見られたと嘆いていた。

元気でも座れるように、折り畳みステッキを持ち歩いているのと大違いです。

[PR]
# by akiotakahashi | 2017-03-29 21:57 | 仲間、飲み会 | Comments(1)


格安旅行会社“てるみくらぶ”の破産

3/27 格安旅行会社“てるみくらぶ”が、破産した。

5月末に、オーストリアの古城、湖水、森、雪山を家内と巡る予定で、既に金を振り込んでいた。

家内から “キャンセルして返金してもらいなさい” とMailがあったが、無理そうなので、“電話したが、話し中だ。”と返信した。

今まで、台湾、タイ、韓国に利用し、2月のベトナムも同社だった。

大手も格安も、現地のツアー内容は同じなので、ホテルさえ選べば、安いほうが得だが、破産までは考えが及ばなかった。

負債が150億円、資本金0.6億円、被害者5万人では、弁済金で戻るとしても、ゴミだ。

VIPがいるのでグレードアップを申込み、損害は大きく、“安物買いの銭失い”とはこのことで、金の残らない宿命だと痛感した。

家内へのお詫びのしるしに、① 振込金は小遣いで処理 ② 蓼科に変更 で我慢してもらうかと目論む、謝ってばかりの人生です。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-03-27 22:33 | | Comments(1)


蓼科での雪見の朝風呂

3/25-26 蓼科に、春野菜の苗を求めに行きました。

蓼科のJ社保養所を年に3回ほど利用するが、経路はルーティン化した。
;一宮御坂の菓子工場“桔梗屋”、道の駅“白州、蔦木、武川”、”原村自然農園”、蓼科”バラクラ英国ガーデン”、御殿場“えびせんの里”

(八ヶ岳遠望、  焼タケノコと信州サーモン刺身は美味)


山の落葉樹が少し緑っぽくなり、新芽の気配がうかがえるものの、春野菜の苗には早く、所期の目的は果たせなかった。

夕食に、焼タケノコが供され、また、ネコヤナギの芽が飾られ、春を感じた。

翌朝(3/26)は、思いもかけない15cmの積雪で、雪見の朝風呂に贅沢にも入った。

タイヤチェーンの準備はなく、考えが甘いと罵られたが、無事に帰ることができたのは幸い。

帰りの道の駅・八王子に、レタスとキャベツの安い苗があったのに、ズッコケました。
[PR]
# by akiotakahashi | 2017-03-26 14:56 | | Comments(2)


大英自然史博物館展の"始祖鳥の化石" at 上野・国立科学博物館

3/20 始祖鳥の化石を見に、上野・国立科学博物館の“大英自然史博物館展”に出掛けました。

開館9時に行っても、1.5時間待ちで、ようやく入場できた。

始祖鳥は、恐竜から進化した原始の鳥で、教科書にあった有名な実物を見ることができ、感激した。



ダーウィンが採集した化石やゾウガメ標本なども興味深く、2時間かけてゆっくり廻った。

江戸中期に、世界の動物、植物標本・資料類の博物館を設立する英国の先進性は、素晴らしく、女性科学者の活躍も立派です。

技術立国日本の将来を担う子供が多いのが嬉しく、科学に興味を持たすために、子供入場料(600円)を無料にすべきだ。

昼食に、アメ横の居酒屋”炭楽”に入った。

昼から満席で、若者が酒を飲み騒ぎ、外人店員がサービスするのを見て、こんな生活では、直ぐに立場が変わるぜと言いたかった。

我を含め孤独老人も、隅のカウンター席に6人いた。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-03-20 17:17 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


根府川の野菜作りと”自由”

3/19 昨日は根府川の畑で、草抜きして働き過ぎたので、日向ぼっこして、海を見ながら、のんびり過ごしました。

野菜作りも高度になり、ビニールのトンネル温室を作り、2月に種蒔きした大根、春菊、ルッコラが大きく育った。

“野菜は、世話した分だけ、良く育ち、裏切らない”とは本当で、我が家の子供達とは大違いです。

(冬でも育った大根、春菊、   快適なハンモック)


今月は、旧会社仲間と飲む機会が3回あり、年金暮らしのいろいろな話を聞いた。

暇で困っていると思っていたが、皆さん、日程は過密で、ゴルフを年50回以上するのが3人いた。

同期Sから、「お前、まだ働いているのか。金が無いのか。自由がいいぜ。」と言われた。指摘の通りだが、自由とは何かを海を見ながら考えた。

英英辞典によると” 自由:free” とは、”束縛されないこと: ① not a slave ② not in prison ③ not controlled” で 、ゴルフ、飲み会も、世俗にかかわる限りは、真の自由はない。

良寛を見倣い、根府川の小屋で、天地自然の中を無一物で暮らすのが理想だが、欲だらけの性格では、死ななきゃ自由はないことを悟った。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-03-19 18:55 | 根府川とミカン | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akiotakahashi