根府川ライフ


“うんこ漢字ドリル”と“べんべん物語”

5/27 根府川の畑仕事帰りの東海道線で“うんこ漢字ドリル、106万部突破”の車内広告があった。

小学生用の漢字ドリルの例文すべてに「うんこ」を使ったドリル。
例えば、“友”なら「友達とうんこでドッジボールをした」で覚える仕組み。

馬鹿々々しく、こんな低級なテーマで、子供を笑わせながら、勉強させる発想が、貧しく情けない。



出版社も親も低レベルで、少子化社会で精鋭に子供を育てるべき日本の将来が心配になる。

学生の頃、加藤芳郎の漫画“べんべん物語”が、面白く何度も読み返したのを思い出す。
言葉は全てベンベンで通じるベンベン国で、便器/糞尿のテーマばかりの漫画を読む低レベルの学生だった。

そんな学生のなれの果てを見ると、小学生から“うんこドリル”では、更にダメになるのは明らかだ。

読み直すかと、ネットオークションで“べんべん物語”を調べたところ、1966年版7000円で驚き、捨てたのが悔やまれる。
[PR]
# by akiotakahashi | 2017-05-27 17:31 | その他 | Comments(0)


異分野仲間との懇親 at 赤羽“トロ函”

5/24 4年前に国の補助で、“廃食料油の自動車用燃料への転換研究”を1年半した仲間4人と、赤羽の海鮮居酒屋“トロ函”で飲みました。

ミニ反応装置を使って、ファミレスからの使い古し食料油を原料に、自動車燃料(バイオ燃料)を作る実験で、更に、1日2kl処理する実用化装置の設計をしたが、倒産した。

(山仲間FT氏紹介の”まるます家”は満席で残念、“トロ函”にて)


久留米に工場あり、2ヶ月毎に出張して、有明海の魚介、馬刺し、焼き鳥の料理屋で飲むのが楽しみだった。

隔週、著名なF元東大教授を顧問にして、田町で議論したのも懐かしい。
実用化に問題があっても、良いとこ取りして、助手に発表させる学者世界も知った。

異分野の自動車、樹脂、化学会社の出身で、各社の文化が違い、話題が多岐に亘り、面白い。

過分な給与をもらい、家内は大喜びで、”2匹目のドジョウ”を狙って、アレンジしたが、獲物はなく残念。
[PR]
# by akiotakahashi | 2017-05-24 21:51 | 仲間、飲み会 | Comments(3)


横浜の海鮮居酒屋での大先輩との懇親

5/22 旧M社の生産部門の先輩諸氏4人と、横浜の海鮮居酒屋”磯丸水産”で懇親しました。

ST、ABさんとは、同じ大学研究室、倉敷の工場でも一緒で、お世話になり終生頭は上がらない。



2人とも話し好きで、興奮したら止まらず、自分中心な性格は変わらないものの、話しまくって頭を使うのが、80歳過ぎても呆けない理由です。

それでも、家庭で穏やかにやっているのは、奥様の苦労の賜物かと考えた。

海鮮居酒屋で、コンロで魚や貝を焼くシステムだが、焼くのは最年少の役目で、面倒なのが難点。酒や料理の注文は、タブレット端末でパソコン画面でやるシステムで、これも役目を仰せつかった。

5人で、日本酒をそれなりに飲んで、15,212円と安く、若い美人の女店員に感動し、この手の居酒屋が流行っている理由が解りました。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-05-22 21:31 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


奥日光の社山(1824m)、金精山(2244m)登山

5/19-20 “国民休暇村日光湯元”を拠点にして社山(1824m)、金精山(2244m)にF山の会14人と登りました。

<5/19 1日目:社山(1824m)>

新橋を6:30マイクロバスで出発し、いろは坂、中禅寺湖、戦場ヶ原を通り半月山駐車場からスタートした。

(社山頂上にて)


カラマツの新緑、桜、シャクナゲ、ツツジを通してみる中禅寺湖、男体山が美しく気持ちよい尾根歩き登山でした。

中禅寺湖湖畔には、店もなく静かで、マス釣りの釣人がルアーを投げている光景は、リッチな別荘地です。



SKの万歩計で26000歩、15kmは、5.5時間の歩行で疲れ切ったが、湯元の白濁の湯で疲れを癒すことができた。

宿は、設備、料理とも豪華で、国民休暇村も客商売が上手になり努力している。


<5/20 2日目:金精山(2244m)と刈込湖>

OY山男、IB社会人野球元監督から、登山前の入浴は筋肉が弛んで厳禁だと聞いていたが、我慢できず朝風呂に入ってから、宿の周りを散策して筋肉を締めた。

また、幹事から軽アイゼン持参の連絡があったものの、アイゼンを使うほどの雪は無いと考えたが、奥日光は雪が多いのが常識だそうで、仲間からアイゼンを借りた。

金精山(2244m)を目指して登り始めたが、雲ない快晴で、奥会津の雪の山々の眺望を楽しみながら、雪道を登ったが、雪が多いのは想定外だった。

(金精峠にて, 男体山と湯湖を望む)


金精山頂上まで100mあたりの山道が、急こう配の雪と絶壁で、リーダーの判断で引き返した。一人なら登って、滑り落ちて絶命する冷静な判断でした。

ルートを、湯元近くの刈込湖に変えたが、山と湖の素晴らしい景色を見ながら、昼を食するのは、心癒される。

(金精山頂上付近の急斜面と雪、 刈込湖)


21000歩、12km、4.5時間の歩行後、国民休暇村の温泉に入り、マイクロバスで恒例の宴会を賑やかに楽しみながら帰路についた。

日光は雪が多いと知り、”勇気ある撤退”で命まで救われた良き山行でした。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-05-20 21:54 | | Comments(3)


客商売とストレス発散

5/16 戸塚駅までバスを、3年ぶりに通勤に使いました。

神奈中バスは、傲慢で、デカイ態度の運転手が多かったが、今日の運転手は、マナー良く、指差呼称、指指し、注意の呼び掛けだけでなく、停止時にエンジンを切る配慮に感心した。

客商売なので、嫌でも愛想よくしてストレスが溜まると案じ、良き家庭でストレス発散できると思った。

旧M社でも、親会社にいるだけで、先輩に対してもデカイ態度の輩がいる一方で、子会社で、米つきバッタのように頭を下げるばかりの苦労人も多い。

機会があれば仇討ちをと思っていたが、その機会もなくなった。

派遣先では、若いのにアレコレ言われ、更に、家庭でも、昔のことをグチグチと言われて我慢しているので、ストレスも過飽和状態だ。

今となっては、仏に縋るしか無くなってきました。南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・・・
[PR]
# by akiotakahashi | 2017-05-17 06:22 | その他 | Comments(5)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akiotakahashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31