根府川ライフ


山本周五郎「小説日本婦道記」

9/15 山本周五郎の「日本婦道記」を読み終えた。

通勤の地下鉄で戸塚~桜木町26分が、必ず座れるので、本を読むようになった。
昔は速読だったが、頭が衰えて名前が頭に入らず、薄い文庫本でも時間がかかる。

40年前に買った文庫本だが、涙が止まらなかった。

婦道を要約すると;
1. 旦那も気付かない陰のつつましい暮らし

2. 着古しで質素に暮らすが、旦那には身分相応のゆったりした生活

3. 旦那のためには、自分の幸せを捨てる犠牲

赤ん坊を抱っこして、保育園に送る若い男を見るようになり、共稼ぎとは言え、情けない風景だ。

とは言え、我が家も”旦那が陰”の家庭になり、先祖と周五郎が泣いている。
[PR]
# by akiotakahashi | 2017-09-16 03:14 | その他 | Comments(0)


NHK「ブラタモリ」の“倉敷”

9/13,14 倉敷の機械工場に仕事は各々1.5時間の、楽な出張がありました。

NHK「ブラタモリ」“倉敷” が面白かったので、鶴形山から干拓地を眺め、白壁の蔵と倉敷川を巡り、今は無い水路をたどった。

(江戸・明治には縦横に水路があった)


5時に焼き鳥老舗“金平”に入り、新入社員の頃にSN係長、故NMさんと"スズメ焼"を食し、”嘉美心"を飲んだのを思い出した。スズメは無く残念!

当時は4時半終業で、ヘベレケに酔っても、東京と日の入りが40分遅く、明るいのに驚いたのも懐かしい。

食事は;
① 朝:シウマイ弁当、ビール, ¥1100
② 昼:”温野菜”シャブシャブ食放題, ¥1050
③ 夕:"金平"焼き鳥, ¥2500  
④ 夜:”又一”ぶっかけうどん, ¥700
⑤ 朝:” ドトール”モーニングセット, ¥390
⑥ 昼:”かっぱ”とんかつ定食, ¥1350

飽食させてもらったが、コストパーフォーマンスは、② ③ ⑥ がお値打ち。

お釣りがくる出張で有り難いが、週末に休暇で岡山に行くので、1日ずれるともっと有り難かった。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-09-14 16:37 | | Comments(1)


東京芸術大学の文化祭“藝祭2017”

9/10 上野・東京芸術大学の文化祭「藝祭2017」に“ミス芸大コン”があると聞き、出かけました。

大学イチの美女を決める、芸大らしいサイケかスケスケ衣装の美人を期待したが、仮面をかぶった男子学生のコントで、騙された。

(上野を巡る神輿、 これが“ミス芸大”のショーか!)


コーラス、演奏、演劇は満席で入れず、8階絵画棟の学生の絵画を見た。

鏡、立体の細工のある絵や抽象画、イラストみたいなのが多く、クラシックな風景画、人物画、日本画は無く、残念だった。基礎を大事にして学べと言いたい。

模擬店は、おでんや焼き鳥、アクセサリー店ばかりで、学生の制作した絵画や彫刻を、安く売れと言いたい。

若い女性に似顔絵を描いてもらいながら、話をした。
卒業生だそうで、専門の絵だけでは生活できず、似顔絵の副業をしている。

縁日の夜店で客寄せをするから、似顔絵描を一緒にやらないかと提案した。
[PR]
# by akiotakahashi | 2017-09-10 15:52 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


M社水島支部OB会会報「ぼっけー」

9/9 M社水島支部OB会から会報「ぼっけー」(岡山弁;ものすごい)が、届きました。

昨年、水島支部OB会に入会、総会に参加させてもらい、旧交を温めて早や1年過ぎた。

18年前にN社と合併し消滅したので、会員増加は無く、会員数303人、平均年齢72.5歳で、年齢は上がるだけだ。

会員の思い出、趣味の記事・写真が満載で懐かしく、去年の会報も出して250人の近況報告を比較した。

ゴルフ、囲碁、ボーリング、山などのサークルがあり、また、菜園、釣りなど趣味は豊かで、岡山は良き環境なので、平均年齢は100歳まで伸びそうです。

それでも、入社の頃に、同じ職場にいた8人のうち2人が、この2年で逝去し、YDの四国霊場、温泉巡りした昨年の近況を読んで泣けた。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・・・・


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-09-10 07:54 | 仲間、飲み会 | Comments(0)


100円ショップのおもちゃ

9/7 100円ショップ“ダイソー”で、光る回転コマを、買いました。

100円ショップの玩具コーナーは、驚くほどの品数豊富で、良くできているのに感心し、3歳の孫が来た時にと求める。

顔を見るだけで泣き出した孫が、“おもちゃ、ディズニー人形、スイカ、かき氷は、爺さんだ! ”と知恵がつき、まとわり付くようになった。

「即物」「限りなき物欲」のジジババの遺伝子を、しっかり引き継いでくれた。

小生の京都の爺さんは怖く、サボテンの鉢を割った時に、殺されるかと震えながら床下に隠したのを思い出す。

「権威ある家長」「男子厨房に入らず」が我が家の家訓で、近寄り難い孤高な爺さんを目指したが、孫の顔を見ると権威もないのには、困ったものだ。

朝はパンを焼いて食べたころに、熟睡から覚めて、起きてくるのが日常になり、ご先祖さまに顔向けできない。
[PR]
# by akiotakahashi | 2017-09-07 16:59 | その他 | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30