根府川ライフ


浦島太郎 “足洗いの井戸”

8/17 お盆で気が緩み、早退して、京急子安駅で下車し街を探索した。

子安は、昔は子安浜の漁師村で、浦島太郎が竜宮城から帰り足を洗った “足洗いの井戸” がある。また、浦島町、浦島小学校などゆかりの名が残っている。

浦島太郎の時代に手押しの井戸があったとは考え難いが、住宅街の中に隠れてあった。

(足洗いの井戸、  昔の子安の海浜も様変わり)


浦島太郎が乙姫さまと楽しくすごし、3年が実は300年だったのに比べ、こちらは楽しくもないのに、歳月が過ぎるのが早いのには困ったものだ。

子安は住宅地で海鮮居酒屋もなく、直帰したので、無駄遣いせずにすみました。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-08-17 16:45 | その他 | Comments(2)


鶴見の中華“東秀”の回鍋肉定食

8/15 鶴見の顔馴染みで、黙っていてもやってくれる散髪屋に行きました。

家に帰っても美味しいのが期待できないので、鶴見勤務の時、回鍋肉定食を、よく食べた、駅前の中華“東秀”に入った。

豚脂と醤油の脂っこい味がたまらなく好きで、残った汁をご飯にかけて食べていた。

ビール2杯を飲んで満腹だったが、「ご飯は残さない」が家訓だったので、汁ご飯で食べ尽くし気持ち悪くなった。これで、1520円とはお値打ち。



散髪と言えば、25年前の半年間のバンコク工場支援の時、宿舎の近くの汚い散髪屋に通ったのを思い出す。

50円だったので、チップで100円渡すと大喜びで、仲良くなった。
最後に、「日本に帰る。(パイ・イープン)」と言ったら、サービスだと、髪をドンドン切りまくり、頭の前を少し残して刈り上げてくれた。

今でも、家内から、「あの髪型はひどかった!」と言われるが、良き思い出です。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-08-15 20:54 | その他 | Comments(4)


横浜みなとみらい「 ピカチュウ大量発生チュウ!」

8/14 お盆の帰省、休暇で、朝通勤の横浜地下鉄、JR京浜東北線は、ガラガラで座れた。

過労死が騒がれ、残業制限、休暇取得など、楽に仕事をする風潮になり、労働生産性の悪い日本の将来が心配だ。

新子安から横浜MM21まで車に乗ったものの、大渋滞で1時間以上かかり、打合せに遅れた。

(人気キャラクターのピカチュウ、 大混雑のランドマークタワー)


渋滞の理由は、「ピカチュウ大量発生チュウ!」の催しで、MM21エリアは、ピカチュウの帽子をかぶった子供連れ、若者で大混雑だった。

“これだけ人が動けば、金が落ちて横浜経済も潤うか”とピカチュウの威力に感心し、余裕ある社会になったものです。

お盆休みを50%程度が取っていると思うが、お盆に働く同年代の余裕ない老人は5%もいないかとシミジミ考えた。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-08-14 21:35 | その他 | Comments(0)


根府川の畑仕事と高校野球

8/13 天気予報では、来週は雨が多そうなので、根府川の畑に、秋野菜の種播きに行きました。

畑が遠いため、水遣りが出来ないので、雨が降るときに種播きをしないと、芽が出ない。

畑は雑草が伸び放題なので、草抜きから始めた。

蒸し暑く、熱中症で倒れそうだが、高校野球を聴きながら作業した。

お盆で、畑仲間は誰もおらず、ここで倒れたら「無謀な孤独老人が熱中死」とテレビ字幕が出そうなので、ケイタイと氷水を離さなかった。

(作業前、   草抜き種まき後)


大阪にいたときは、母に甲子園に連れて行ってもらい、炎天下、ビニール袋に入った名物”かち割り氷”を、ストローで飲んだのを思い出す。

また、高校時代の友人TMのお母さんが、高校野球がお好きで、「あの純真な姿がたまらない。」と、不純な2人を見ながら言われたのを思い出す。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-08-13 17:46 | 根府川とミカン | Comments(0)


東京都美術館「ボストン美術館の至宝展・東西の名品、珠玉のコレクション」

8/12 上野東京都美術館「ボストン美術館の至宝展・東西の名品、珠玉のコレクション」で美術鑑賞をしました。

エジプト、中国、日本、フランス、アメリカの名品、珠玉80点はどれも素晴らしく、ゆっくり鑑賞できた。

フェロノサ収集の日本の仏像がないのは残念で、更に、日本なら国宝級の絵が流出したのも残念で惜しまれる。

今回の目玉のゴッホ“郵便配達員、子守歌(下)”を見ると、ゴッホも向日葵だけでなく多様な描き方のできる画家です。

(美術館の前で、パンダの赤ちゃんで大賑わいの上野動物園)


中国美術では、北宋の夏珪”風雨舟行図”を見て、家宝の夏珪” 江頭泊舟図”と同じ筆のタッチだのを確認できたのが大収穫。

久し振りに文化的な雰囲気に浸れ、入場料も老人割引1000円で随分得をした気分になりました。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-08-12 14:43 | 趣味(骨董、美術) | Comments(0)


尾瀬ケ原、尾瀬沼のニッコウキスゲ

8/6 尾瀬ケ原、尾瀬沼にニッコウキスゲを見に行きました。

池袋23:00発、鳩待峠5:20着の夜行日帰りバスで、鳩待峠~尾瀬ヶ原~尾瀬沼~大清水を歩いた。

山の仲間も老化して、安易な山が多くなり、楽しみにしていた8/4甲斐駒ケ岳が中止になったので、山に一人で行くことにした。

(尾瀬ヶ原から至仏山の遠望)


湿原・池塘・山の眺め、山の花々、鳥のさえずり、水のせせらぎなどは、尾瀬ならではの雰囲気で、”命の洗濯”ができた。

大江湿原のニッコウキスゲ大群生を期待したが、2週間タイミングが遅れたのが残念。

(大江湿原のニッコウキスゲは疎ら、 大江湿原から燧ガ岳の遠望)


疲れて15:00大清水発のバスを逃すと帰れないので、ビールも飲まずに、アリナミンドリンクを6本飲みながら、ユックリと歩いた。

累積の登りは500m、下りは900mだったが、歩行距離25km、37000歩、8時間歩行のハードな行程には、さすがに疲れた。

過剰な栄養ドリンク摂取で、余ったビタミンBが小便に大量に排出され、小便が黄色でなく橙色になった。

[PR]
# by akiotakahashi | 2017-08-06 23:38 | | Comments(4)


霧ヶ峰、佐久方面のドライブ

7/30 長野・霧ヶ峰、佐久方面のドライブをしました。霧ヶ峰の八島湿原、車山肩の眺めが好きで、毎年行くのを楽しみにしている。

小雨で霧に覆われているが、白赤黄の夏の山野草が咲き乱れ美しく、心癒される。

(霧の八島湿原、 車山肩のニッコウキスゲ)


車山肩に咲く黄色のニッコウキスゲは、鹿に根を食べられて絶滅に近かったが、電気柵の効果で復活しつつあるのが、嬉しい。同期KYのケルン方向に、手を合わせた。

佐久・東御の “ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー”で葡萄畑、塩田平を眺めながら、優雅に食事をした。

(ハーブティー、玉村の描いた食器で信州サーモンソティーは美味)


高校同期の画家、作家の玉村豊男が経営するワイナリーで、ワインを始めて20年で去年の伊勢志摩サミットで供されたとは驚きで、商売上手で多才な人物です。


[PR]
# by akiotakahashi | 2017-08-01 20:52 | | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31